ルーレットからバニーガールまで…カジノ空間は完全レンタルで作れる

スロットマシーンやテーブルゲームの間をぬってカクテルを運んでくるイケメンウエイターやバニーガール、華やかな装飾、ノリのいい音楽…。

皆さんはそんな、「カジノ風」の空間や、そういう演出のイベントって行ったことはありますか?パーティーが盛んであり、カジノも「大人の社交場」として社会的に認知されている欧米等諸外国では、定番人気の演出だったりします。日本ではあまり、体験する機会がありませんよね。やはり、カジノ自体が身近な存在ではないからかもしれません。

カジノの機材や演出、ディーラーやバニーガールまでレンタル可能

でも、この日本でも、イベントをカジノ風の演出にすることは、そこまでハードルが高くないってご存知でしたか?実は、冒頭でふれたような演出は全て、レンタルで「調達」できるのです。レンタルできるのは、ルーレット台やバカラテーブルといった機材だけではありません。バニーガールやウエイター、ディーラーといった人材も出張可能です。人材やはり質がぴんきりですが、ちゃんとマカオやラスベガスといった本場カジノで経験を積んでいる人材を抱えているイベントプロデュース会社も、中にはあります。適当に選ぶのではなく、何社かのプランをしっかり比べることで、質の高いカジノイベント演出を成功させることができるでしょう。

日本でもカジノへの注目は、年々高まっている

ここ日本でも、2016年に実質ランドカジノを認めるIR法案が成立し、店舗型カジノ設立が一気に現実的になりました。現在は状況的にストップしていますが、諸問題が解決すれば、店舗型カジノが日本に上陸する日が来るのもそう遠くないことでしょう。また、数年前から盛り上がっているのがオンラインカジノ。スマホ等で手軽に、もちろん日本語で(日本語対応サイト例www.alohashark.com/ja)、海外のカジノサイトにアクセスして、カジノゲームが本格的に遊べます。そういうわけで、「カジノ」は今、日本でもホットなテーマです。

迷ったら出張カジノパックがおすすめ

とはいえ、「イベントをカジノ仕様にしたい」と思いついても、なかなか敷居が高く感じることと思います。特に一般的な日本人は、なかなか、カジノを体験する機会自体がありませんし、イメージも湧きづらいですよね。イベントレンタル会社は、こういったニーズに応えて、定番カジノゲームにディーラー・ウエイターといった人材も組み合わせた「出張カジノイベント」を用意しているところもあります。これなら初心者でも失敗が少ないのでおすすめです!

例えば、カジノイベント総合プロデュース会社のブライトでは、本場ラスベガス等での経験があるプロのディーラー等を含む出張カジノイベントパックが13万円〜提供されています。これで大体40〜60人規模のイベント向けなので、十分手を出せる値段ではないでしょうか?

クローズアップマジックやジャグラー、MCやコンパニオンなどと組み合わせることも可能ですので、より素晴らしいひと時を演出するお手伝いをさせていただきます。

カジノ風演出なら、ユニークで忘れられない夜にできる

日本ではあまりメジャーではない、イベントのカジノ風演出ですが、逆にそこが狙い目です。会社の忘年会や記念パーティー、各種レセプションやエキシビジョン等、ビジネスイベントでも、カジノグッズをレンタルすれば、一味変わった演出で記憶に残る夜を作り上げられることでしょう。イベントプランナーの皆さん、2020年の年末年始イベントでは、「カジノ風演出」、ぜひ、視野にいれてみてください!