様々なレンタル倉庫&トランクルーム

同じ家にずっと住んでると、どうしても荷物って増えてきます。そして、それを一時的に別の場所に保管したくなることってありますよね。

例えば…

  • バーベキューやキャンプが大好きだけど、テントや道具がかさばる!
  • リフォームするから家財道具を避難させたい!
  • 一時的な海外赴任が決まったが、戻ってくるから家財道具を処分するのは手間だし勿体無い
  • 引越し予定だけど、契約に時間差があって一時的に荷物を保管したい

そんな時、便利なのが『トランクルーム』です!

トランクルームとは、一言でいうと『レンタル倉庫』のことです。一時的に荷物を預けられます。家具家電などのかさばるものも大丈夫!このトランクルーム、ひそかに流行っているのか?年々、数が増えていっている気がします。値段もサービスも幅広く、用途に合わせて選べますよ。

トランクルームの料金

トランクルームの料金の計算方法としては、基本的には保管期間と荷物の容量で計算されます。月額保管料の加えて、「管理手数料・事務手数料・保証金・敷金」などが別途かかるトランクルームもあります。けっこう細かくかかるんですね。また、荷物の出し入れの手数料がかかったり、更新料などが請求される場合もあります。よく確認して決めましょう。

気になる相場ですが、だいたい以下のような感じです。

  • マンションタイプ   一坪15000円〜20000円程度
  • コンテナや倉庫タイプ 一坪10000円程度
  • 屋外倉庫タイプ    月額2000円~7000円程度

また、料金は立地にも当然左右されます。都市部だとやはり多少割高になりやすいので、少し不便でも街中は避けた方がコストは安くすみます。

保管時の注意点

レジャーグッズ

BBQやキャンプ用品などはもともとがアウトドアーグッズなので、屋外ストレージユニットを借りれば問題ないでしょう。屋外ストレージなら2000円くらいから借りれたり、かなりお手頃なものもあります。

長期保管

遠方に一時的にいってまた戻ってくる場合は、管理もできないので、長期保管向けトランクルームサービスを必然的に選ぶことになりますよね。屋内タイプは必須です。

家電や洋服

キッチン家電は清潔にしておきましょう。冷蔵庫、洗濯機などは水気もしっかりとりましょう。衣服はカビや虫を予防する意味でもしっかり洗濯し、手入れしてから保管しましょう。

保険

荷物にかける保険は色々あるのでしっかり吟味しましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*